THE ART OF COMPUTER MUSIC

クヌースPの作品紹介やらなにやら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TX-802キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

YAMAHAのTX802というFM音源モジュールをオークションで落札しました。

これです!

純粋なFM音源で、今は当たり前のように付いているエフェクタもありません。

DX7Ⅱのモジュール版というフレコミですが、ちょっと違うよね。
DX7ⅡはDX7を2台分使った音作りが可能(発音数は半分になるけど)だとしたら、
TX802はDX7を8台分使った音作りが可能(発音数は1/8になるけどw)。
だから、分厚いリードやベース、広がりのあるストリングスやパッドなんかが作れます。

もちろん、TX816のようにマジでDX7が8台相当であるのとは訳が違いますが、なかなか素敵な音作りが可能なのです。

といってもDXの音作りって直感的な操作ではできず、理論を理解した上で、予測しながらパラメータをいじらなくては思い通りの音なんて出てきません。

ただでさえ6OPで32アルゴリズムってのは、その有用性を理解するのも大変すよ。
4OPで鍛えてから6OP使うならまだしも、いきなり6OP使いこなせる人はかなりすんごい人です。

しかも、パラメータが全て呼び出し式なので、尚更大変。。てかめんどいす。

是非ともエディターが欲しいので調べていたんですが、TX802のはちょっと導入大変そうなんですよね。
単純にアプリのインストールではないみたい。

なので、実機パネルから頑張って音作りしてみます。

といいつつ、プリセットで意外と遊べちゃう。VOICEを組み合わせて自前のパフォーマンスをちょいと作るのはピピッとできるので、それだけでも楽しめます。

スポンサーサイト

テーマ:DTM - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sh100000.blog64.fc2.com/tb.php/94-a36b0d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。